昔チャットレディのサイトを作っていました

少し前にチャットレディのサイトを作ったことがありました。
サイトといっても、今思うとお恥ずかしいレベルで、単にブログに自分が見たアダルトビデオの紹介記事を書いて、リンク先のコードをアフィリエイト化しておくと言う、
誰もが考えそうなもので、よくしたものでまるでアクセスもないうち、ブログ運営会社から知らないうちに削除されてしまうような、実にお粗末な代物でした。

前置きが長くなりましたが、そのブログをしているとき、張り付けたコードのひとつに熟女専用のチャットを紹介するアフィリエイトプログラムがありました。

アクセスはないながら、制作した当初は気になりましたから、一日何度も自分のブログを覗いてました。

ただ、記事を書くわけではないので、ブログ自体に変化はありません。そんな退屈なブログの中で、この熟女チャットの広告だけは、リアルタイムで待機中の熟女さんの肢体を映し出していたわけです。

まず、その妖艶な姿に目が釘付けになりました。毎日のように見ていると、知らない間に親近感のようなものも感じるようになりました。プロフを読むと名古屋の主婦で、アルバイトでチャットレディをしてはいても、やるからにはプロを目指すとか、心憎いことが書かれていました。

もっとも、そのチャットレディさんを指名する人はなく、いつも自宅のソファーに脚を組んで座りながら、明らかに退屈しているのが見て取れました。

それで、最初の5分間は無料というそのサイトに登録をして、その主婦の人を指名してあげました。
すると凄く喜んでくれて、しばらく話をした後すぐ、ワンピースのファスナーを下げることに同意してくれました。

花柄ワンピースの下は黒いキャミソでした。熟女の黒下着はそそりました。そこで5分はとっくに過ぎてましたが、もう止められずに、全部脱いでもらうまで見ちゃいました。

ブログ広告のリアルタイム映像では、いつも澄ましてソファーに座っていた女性です。その女性が目の前であらわな格好になるいやらしさはたまらないものがありました。

その人がプロフに書いているように、まさにこの人はプロを目指しているからここまでしてくれるんだなと思いました。

何事もお金を取る以上、プロを目指してやらなきゃ嘘だなと感じさせてくれました。
課金は発生しましたが、いい経験をしたと思っています。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です